恵方巻の残りがわんさか

あれだけ国が「食品ロス」をなくせといったのにもかかわらず、恵方巻の残りがこれでもかというくらいたくさん破棄されている。この国ももはや大丈夫ではない。
昨日某スーパーに6時過ぎに行ったら、恵方巻が200本はくだらなかった。
この時間でこんなに恵方巻があたくさんあるなんて、絶対に売れ残り決定だろう。

結局こんなスパイラルが。

まずたくさん作るわけだが、価格設定も高い。
価格設定が高いから当然売れない。
そのまま夕方になってもほとんど売れない。
さらに残る。

そもそも、今日本国民のうち恵方巻を食べる習慣があるのは50%という。
それをさぞかし100%の国民が食べる勢いで作っているんだ。

さらに、なかには自宅で恵方巻を作る人たちもいるわけで(理由は諸説あるが、食べ物の好き嫌いの多い家族が多くなると、売られている恵方巻ではNGものがおおいとか)

本当に日本人は統計学、想定値に関する対応が諸外国より甘いなと思うわけである、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック